栗山監督「急に投げたらごめん」投手・大谷早期復帰を示唆

[ 2017年3月28日 05:55 ]

蛍原(右)ら、お笑い芸人と「ファイターズ・ゴールデンフライデー」をPRする大谷(中央)
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が27日、右足首痛の影響で打者に専念している大谷の投手復帰プランについて言及した。

 「先発で使うとは言っていない」とし、「いけるならいく。(ケガを明らかにしてから)2カ月も準備させている。急に投げたらごめん」と“ぶっつけ救援登板”で早期復帰させる可能性を示唆した。

 31日の開幕西武戦(札幌ドーム)はDHでスタメン出場が確実で、当面は打者出場が続くとみられていた。だが、指揮官は「翔平(大谷)の(右足首の)状態は何となく分かっている。昨年いろいろなことができて、とにかく(起用の)幅が凄くある」。まだ大谷はリハビリ管理だが経過は良好で、投球再開はもう目の前に迫っている。

 ゆく先の先発投入を視野に入れながら「中継ぎ、中継ぎで後ろ(抑え)にいっちゃうのか」という案も口にした。大谷は昨秋のソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦ではDHで出場し、9回に抑えで登板。プロ野球最速の165キロを連発し、日本シリーズ進出に導いた。あの再現が見られるかもしれない。

 栗山監督はこの日、札幌市内で初の自叙伝「栗山魂」(河出書房新社)の刊行を記念したトークショー、握手会に出席。28日からは札幌ドームで開幕直前練習に入る。

 「どう使うべきか。こっちは腹をくくっている」。日本一連覇へ、大谷の起用法が今年も鍵を握る。 (柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース