静岡 初回6失点も引かず 藤田「優勝候補とやっても勝負になる」

[ 2017年3月28日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第8日・2回戦   静岡8―11大阪桐蔭 ( 2017年3月27日    甲子園 )

<静岡・大阪桐蔭>逆転負けにガックリの静岡ナイン
Photo By スポニチ

 静岡は優勝候補の大阪桐蔭相手に初回に6点を奪われたが、直後に4番・成瀬の走者一掃左中間二塁打など長短6安打で同点とするなど一歩も引かなかった。

 2回に勝ち越すなど一時は2点リードしたものの「8回から球質が落ちてきて捉えられた」と振り返るエース池谷が8、9回に大量失点して逆転負けを喫した。ナインにとって大阪桐蔭は野球を始めた頃からの憧れの学校だっただけに、藤田は「優勝候補とやっても勝負になるんだということが分かった」と夏に向けて手応えをつかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース