ロッテ カンパイガールズ 台湾プロ野球開幕戦で熱唱、ビールも売った

[ 2017年3月28日 20:59 ]

台湾プロ野球ラミゴの開幕戦に臨んだカンパイガールズ(手前)
Photo By 提供写真

 ロッテの球界初の売り子アイドル「マリーンズ カンパイガールズ」のメンバー4人が28日、台湾プロ野球ラミゴモンキーズの本拠地開幕戦(統一ライオンズ戦、桃園国際棒球球場、現地時間18時35分開始)で試合前にグラウンドでデビュー曲「カンパイ娘」、5回裏終了後にはデビュー2曲目の「カンパイ応援歌」を熱唱した。

 また、17時からはサイン会、写真撮影会を行い、約100人のファンが参加した。さらに2回からはメンバー4人が一緒にビールの立ち売りも実施。行列ができるなど30分で4人合計約100杯を売り上げた。

 リーダーの今井さやかは「多くの方に喜んでもらえて本当にうれしかった。新メンバー3人もいきなり海外でのライブデビューとなり、とても緊張したと思いますが、一生懸命にやってくれました。今回、台湾でお会いできた方にはぜひZOZOマリンスタジアムに来て欲しい」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース