金本監督 熱男ならぬ“嘉男”効果実感「昨日もベンチで奇声」

[ 2017年3月28日 05:30 ]

セ・リーグ ファンミーティング ( 2017年3月27日 )

開幕投手を答える広島・緒方監督(左)と阪神・金本監督
Photo By スポニチ

 セ・リーグ6球団の監督とドラフト1位新人が一堂に会する「ファンミーティング2017」が27日に横浜市内であり、参加した阪神・金本知憲監督(48)は新戦力の糸井に「盛り上げ役」としても期待を寄せた。

 壇上で糸井の加入効果を問われ、頬を緩めた。「非常に明るくて前向きな選手。よくベンチで雄たけびを上げています。昨日(26日)もベンチで奇声を上げていましたね。数字以上の効果を期待しています」。走攻守の中核としてだけでなく、雰囲気づくりでも大きな戦力として位置づけた。

 「“頼むぞ”と言ったら、“オッケー!”とか“分かりました!”“頑張ります!”といった明るさも持ち込んでくれている。奇声は言い過ぎたね。雄たけびかな。年上が明るくすると年下も明るくしやすくなる。中堅とか上の選手が、そういう空気を作るわけですから。ベンチの空気感って絶対にプレーに出るからね」。15年のソフトバンクでは松田がチームスローガン「熱男」を体現する存在感を示し、日本一に大きく貢献。17年の猛虎は「嘉男」がキーマンだ。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース