イチロー 手応え3戦連続マルチ「あるけど、わざわざ発表しない」

[ 2017年3月28日 05:30 ]

オープン戦   マーリンズ0―3カージナルス ( 2017年3月26日    ジュピター )

27日(日本時間同日深夜)、「野菜中心」と書かれたTシャツでキャンプ施設に向かうマーリンズのイチロー
Photo By 共同

 止まらない。マーリンズのイチローが26日(日本時間27日)、カージナルス戦に「2番・左翼」で出場し、3打数2安打。3試合連続マルチ安打を記録した。5試合連続安打で、この間は打率・563(16打数9安打)。打撃への手応えを聞かれると「ありますよ。あるけど、わざわざ発表しないというだけです」と、らしく返した。

 2安打はいずれも制球に定評のある右腕リークから。初回は90マイル(約145キロ)のツーシームを中前に運び、6回はスライダーを引きつけて左前打。右膝上部の打撲と腰の違和感で出遅れたが、今オープン戦の打率を初めて3割(・316)に乗せ、着実に仕上げてきた。

 「いつも言う通り、十分ということはいつまでたってもないし、それなりに動いていれば不十分ということもない。今かどうかは別として」。独特の言い回しも、準備が整いつつある証拠。盛り上がる周囲を「見て楽しんでいればいいじゃない」と笑顔でけむに巻き、開幕までの最終調整に入る。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース