秀岳館 田浦で2年連続8強 6回2/3を1失点&V打

[ 2017年3月28日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第8日・2回戦   秀岳館3―2作新学院 ( 2017年3月27日    甲子園 )

<秀岳館・作新学院>昨夏の覇者・作新学院を相手に7回途中1失点と好投した秀岳館・田浦
Photo By スポニチ

 エースナンバーを背負う秀岳館(熊本)の左腕・田浦が投打で存在感を示した。7回途中1失点と好投し、4回には勝ち越しの三塁打を放ち、2年連続8強入りに貢献。

 1回戦に先発した背番号「10」の左腕・川端は8回1失点だっただけに、田浦は「1番はどれだけの投球をするかと(周囲の)期待もあったと思うが、むきにならずに自分の投球をする」と、初回に暴投で先制を許した後は、140キロ台の直球とスライダーを軸に無失点。7回に川端にマウンドを譲ったものの、しっかりと試合をつくった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース