作新学院 1点届かず…夏春連覇の夢散る ノーバント野球裏目

[ 2017年3月28日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会第8日・2回戦   作新学院2―3秀岳館 ( 2017年3月27日    甲子園 )

<秀岳館・作新学院>春夏連覇の夢を絶たれアルプスの応援団にあいさつに向かう作新学院ナイン
Photo By スポニチ

 作新学院(栃木)は史上5校目の夏春連覇はならなかった。昨夏優勝メンバーの2番・添田は初回、先制のきっかけとなる左翼線二塁打も1点リードの3回1死一塁、2点を追う6回無死一塁では、いずれも強攻して2併殺。それでも「勝負どころで仕留められなかったのは実力不足。自分なりにはスタイルを貫けた」と後悔はしていない。

 2点を追う8回は1点を返し、なお1死満塁で2者連続空振り三振。1点を追う9回無死二塁では代打に背番号15の菅野を送った。小針崇宏監督は「直球に強い」と期待したがスライダーに三振。なお1死三塁で大関に強攻させて見逃し三振に終わった。「いい投手はバントをさせてもらえない」と小針監督。ノーバントの「作新野球」がこの試合に限っては裏目に出て、終盤の好機をものにできなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月28日のニュース