西武 戦力外の木村昇吾と育成契約 渡辺SD「ケガ治れば戦力」

[ 2016年11月18日 11:14 ]

西武の木村昇

 西武は18日、今季限りで戦力外となった木村昇吾内野手(36)と新たに育成契約を結んだと発表した。背番号は「0」から「121」に変更になる。

 木村昇は昨オフに国内FA権を行使して広島から移籍。2月の春季キャンプにテスト生として参加して入団した。今季成績は38試合の出場で打率・221。6月22日の練習中に右膝前十字じん帯を断裂して全治6カ月以上と診断され、その後の試合出場はなかった。

 渡辺久信シニアディレクターは「ケガさえ治れば戦力になれる。100%クリアできると判断すれば支配下登録するつもりでいる」と説明。当面は育成選手としてリハビリに努め、故障から復帰する時期を待って再度、支配下選手登録を検討する方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月18日のニュース