岸 西武・渡辺SDらに移籍報告「感謝の気持ち伝えさせてもらった」

[ 2016年11月18日 05:30 ]

退団のあいさつを終えて事務所を出る西武・岸

 スカイブルーの球団スーツ姿で西武プリンスドームを訪れた岸はこの日、鈴木葉留彦球団本部長や渡辺久信SDに移籍する意思を伝えた。その後、球団事務所で球団職員らに「10年間、お世話になりました。ありがとうございました」とあいさつし、「入団からFA権を得るまで育てていただいた。感謝の気持ちを僕なりに伝えさせてもらった」と語った。

 エースが流出した上、同一リーグの楽天への移籍。そのダメージは計り知れない。08年から6年間、監督と選手の関係だった渡辺SDは「地元の球団で頑張ってほしいが、うちとしては(来季から)負けるわけにいかない。補強や育成を含めて穴を埋めていかなければいけない」と話した。今後は外国人投手の補強を中心に先発投手陣の整備を進める。(重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月18日のニュース