真砂“世界記録級”50メートルで俊足披露 手動計測ですが…

[ 2016年11月18日 09:12 ]

短距離走タイム測定の30、50メートルでチームトップタイムをマークした真砂

 真砂が宮崎秋季キャンプで行われた短距離走で30メートル、50メートルとも野手トップの数字を叩き出した。30メートルが3秒45、50メートルは5秒64。手動での計測ながら、50メートルのタイムはドノバン・ベイリー(カナダ)の世界記録5秒56に迫るもの。「足(の速さ)を見せられたのは良かった」と喜んだ。

 U―23W杯で日本の4番として優勝に導く4本塁打を放ち、MVP選出で名を上げた。今季ウエスタン・リーグで18盗塁を記録した足も大いにアピール。練習後は50万円増の年俸600万円で契約更改し、来季の飛躍を期していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年11月18日のニュース