内川、2度の満塁機で凡退…中田、筒香の後を打つ重圧「味わった」

[ 2016年11月10日 23:54 ]

侍ジャパン強化試合 ( 2016年11月10日    東京D )

 内川(ソフトバンク)は小久保監督が打線のキーとした「筒香の後ろ」を任されたが、好機で一打が出なかった。初回1死満塁は二ゴロ併殺打。3回は2死満塁で見逃し三振に倒れた。ともに筒香の四球の後で「中田君と筒香君の後を打つのがこういうことだと味わった」と苦笑いした。

 2009年のWBC優勝を経験している。変則的な投法や見慣れない球種への苦戦に「毎試合、いろいろな環境の中でやらないといけない」と国際試合の難しさを再認識していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月10日のニュース