広島・丸 新打撃フォーム固め「もう少しシンプルに」

[ 2016年11月10日 08:13 ]

広島の丸

 広島・丸がランチ特打で115スイングし、日本シリーズ後から改良している新打撃フォーム固めに取り組んだ。

 担ぎ気味だったバットを立て、振る前にグリップを一度下げる「ヒッチ」と呼ばれる動きもなくし、右足はあまり上げないようにした。「今季は動きが大きいフォームでやったけど、大きい分だけズレが出た。もう少しシンプルにしようという狙い」。今季は打率・291、20本塁打をマークしたが、さらなる進化を求める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月10日のニュース