大家 福島からメジャー再挑戦の夢 ナックルボール武器に売り込み

[ 2016年11月10日 05:50 ]

エクスポズ(現ナショナルズ)時代の大家(AP)

 大リーグで通算51勝を挙げ、今季はルートインBCリーグの福島でプレーした大家友和投手(40)が、ナックルボールを武器に09年以来のメジャー復帰を目指している。

 2日にはアリゾナ州でレイズ、ロイヤルズなど数球団のスカウトの前で投球を披露。マイナーの有望株4選手を相手に約60球を投げ込み「芯で捉えられた当たりは3球ぐらい。ここでチャンスをつかむためにナックルボールを磨いてきた」と手応えを口にする。オリオールズの首脳は「変化や制球力は申し分ない。すぐに球団に報告する」と好印象を語った。

 大家は11年限りで横浜を自由契約になった後にナックルボーラーに転向していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年11月10日のニュース