PR:

DeNA 初のCSファイナル進出!延長11回に嶺井がV打

セ・リーグCSファーストS第3戦 ( 2016年10月10日    東京D )

<セCS1巨・D3>延長11回1死二塁、左前適時打を放ったDeNA・嶺井
Photo By スポニチ

 両軍1勝1敗で迎えたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)第3戦が10日に行われ、DeNAが4―3で巨人に勝利。試合開始から4時間を超える死闘を制し、12日から行われる広島とのファイナルステージへと駒を進めた。

 3―3の11回、DeNAは先頭の倉本が投手強襲の内野安打で出塁。右足に打球を受けた巨人・沢村が降板すると、緊急登板の田原から嶺井が左翼線適時打を放ち、決勝の1点を入れた。最後は守護神の山崎康が2死一、二塁のピンチをを招きながらも無得点に抑えた。

 DeNAは初回、2番・梶谷が死球で負傷交代するアクシデントに見舞われたDeNA。しかし、直後に3番・ロペスが左翼スタンド中段へ先制の2ランで先制。

 直後に巨人は阿部の2ランで同点にしたが、DeNAは2回に投手の石田が安打で出塁。1番・桑原が右二塁打を放ってチャンスを広げると、梶谷の代走として出場していた関根が中堅へ犠飛を打ち上げて1点を勝ち越した。

 6回に巨人は村田のソロで再び同点にしたが、その後は互いに譲らず延長戦に突入。11回に勝負がついた。

 ファイナルステージはリーグ優勝チームが1勝のアドバンテージを持ち、6試合制で日本シリーズ進出を争う。

[ 2016年10月10日 18:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム