PR:

中日・若松 3者連続四球から自滅「一人でやっていた」

<広・中>5回途中6失点KOされた若松

セ・リーグ 中日4―9広島

(4月29日 マツダ)
 中日先発の若松は制球が定まらず精彩を欠いた。2―0の4回に1死から3者連続四球で満塁のピンチを招くと、鈴木に同点2点打を許した。

 5回は得意のチェンジアップを狙われて4点を失い、5回途中6失点。「冷静さを欠いていた。一人でやっていた」とうなだれた。打線が6回に2点を返した直後には、3番手の岡田がつかまり、追い上げムードに水を差した。谷繁監督は「打つ方は悪くないのだが…」と厳しい表情だった。

[ 2016年4月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月15日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム