イチロー躍動!通算500盗塁&今季3度目のマルチ チームは6連勝

[ 2016年4月30日 12:15 ]

マーリンズのイチロー (AP)
Photo By スポニチ

ナ・リーグ マーリンズ6―3ブルワーズ

(4月29日 ミルウォーキー)
 イチローが活躍を見せたマーリンズは敵地ブルワーズ戦に勝利。これでチームは6連勝とし、勝率5割復帰を果たした。

 マーリンズは先発のコンリーが7回まで無安打の快投を続けていたが、球数が116球を数えたために、8回途中で降板。8回、2死一塁の場面から2番手・ウレナがマウンドに上がったが、9回1死からルクロイに右前打を許し、大記録達成とはならなかった。

 その後、ウレナは3本の適時打を浴びて降板。最後は守護神ラモスが試合を締め、今季7セーブ目を挙げた。

 イチローは「1番・右翼」で2試合連続の先発出場。第1打席で右前打を放つと、二塁へ今季2つ目の盗塁を成功させた。これでイチローはメジャー史上38人目の通算500盗塁を達成。日米通算700盗塁にもあと1つとした。

 42歳のレジェンドは9回の第4打席でも左前適時打を放ち、17日のブレーブス戦以来の打点と今季3度目の複数安打を記録。ここまでの打撃成績は打率3割4分5厘、2打点、出塁率4割6厘。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年4月30日のニュース