巨人 19、20日の熊本、鹿児島での中日戦中止「危険な状況」

[ 2016年4月16日 18:45 ]

 巨人は16日、熊本地震を受け、19日に熊本で予定していた主催試合の中日戦を中止とすると発表した。堤辰佳GMによると、会場の藤崎台球場の外野部分の芝の隆起、内野席の破損や、照明の落下などの報告が現地から入っているという。堤GMは「球場施設が危険な状況になっているので、来場するお客さんの安全を最優先に考えた時に無理だろうという判断」と説明した。

 20日に鹿児島で行われる中日戦についても用具輸送のめどが立たないため中止を決定した。払い戻しについては追って告知する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月16日のニュース