鈴木は故郷の味、亀井はこだわり塩で弁当プロデュース

[ 2015年12月29日 07:41 ]

自身プロデュースの弁当の試作品を手にする鈴木(C)Yomiuri Giants

 選手ではファンの要望が多かった巨人の鈴木と亀井がプロデュースする弁当の発売も決まった。

 福島県相馬市の実家が焼き肉店を営む鈴木は、同店で鈴木が一番好きな「豚ロースの味噌漬け」や、郷土料理のいかにんじんなどを詰め込む。亀井は「他の選手がやっていない弁当」をコンセプトに、鶏天などの天ぷらをふんだんに盛り込み、おすすめの抹茶塩を添える。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月29日のニュース