オコエより速い!楽天ドラ2吉持 盗塁王へ「元日朝から走る」

[ 2015年12月29日 05:30 ]

子供との対戦でセーフティーバントを試みる吉持

 申(さる)年元日、楽天の「サル」が駆ける。広陵(広島)出身のプロ野球選手による野球教室が28日に広島市安佐南区の同校グラウンドで行われ、同校から大商大を経てドラフト2位で楽天入りした吉持亮汰内野手(22)が参加。50メートル走で1位・オコエ(関東第一、5秒96)よりも速い5秒68の快足ルーキーは「元日は朝から走ることで“スタートダッシュ”を切りたいと思います」と決意を口にした。

 年末年始は大阪府堺市の実家で過ごす。実家にいる時の日課は、近隣にあるため池の周回コース1・1キロを5周すること。プロとなって初めて迎える元日は、そこで新年最初の汗をかく。

 幼少期、木に登ることが得意で、ついたあだ名が「サル」だった。身体能力の高さから星野仙一球団副会長も「あいつはサルやからな」と認め、本人もファンへの愛称定着を望んでいる。来年は12年に1度の申年。「サル」には験のいい年だ。おみくじに頼らずとも、名字で「吉」を「持」つ男は、盗塁王という目標に向かって「自分は走ることが大事。毎日走ってトレーニングしたい」と来年1月6日の入寮までの日々を大切に過ごす。

 この日の野球教室は、昨年8月に安佐南区などで発生した大規模土砂災害の被災地支援が目的。広陵OBの12選手がそろい、少年野球12チーム、約250人の子供たちと触れ合いの時間を過ごした。吉持は「プロ野球選手になって協力できることがあればと参加しました。活躍してまたここに帰ってきたい」とルーキーイヤーへ意を強くした。(和田 裕司)

 ◆吉持 亮汰(よしもち・りょうた)1993年(平5)11月4日、大阪府生まれの22歳。小4からソフトボールを始め金岡南中では軟式で4番兼投手。広陵では2年春からベンチ入りも甲子園出場なし。大商大では1年春からレギュラーを務め、2年秋の明治神宮大会では31年ぶりの4強入りに貢献した。リーグ通算90試合で打率・263、62盗塁。4年春に首位打者を獲得し、15年ドラフト2位で楽天入団。1メートル75、68キロ。右投げ右打ち。

◇広陵出身の現役選手◇
選手名  所属  年齢
福原  忍(神)39
※新井 良太(神)32
 西村健太朗(巨)30
※白浜 裕太(広)30
※上本 博紀(神)29
※俊 介(神)28
 吉川 光夫(日)27
※小林 誠司(巨)26
※野村 祐輔(広)26
※土生 翔平(広)26
※中田  廉(広)25
※上本 崇司(広)25
※有原 航平(日)23
※吉持 亮汰(楽)22
※上原 健太(日)21
※は野球教室参加選手

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月29日のニュース