オリックス堤 ムネリンと合同自主トレ!精神面の師に

[ 2015年12月29日 05:30 ]

 オリックスの堤裕貴内野手(22)が、来年1月に福岡県内で行われる川崎宗則内野手(34=ブルージェイズからFA)の自主トレに参加することが28日、分かった。きっかけは昨オフの1月。神戸市内の室内練習場で練習していた際、イチロー(マーリンズ)、川崎の2人と偶然にも鉢合わせし、合同練習をしたことが発端となった。

 黙々と練習する2人に堤はほとんど言葉を発せなかったが、川崎から「自主トレやるなら次から来る?」と誘いを受けて即決。あらためて今オフにお願いし、快諾を得た。同じ九州出身で二遊間の選手という共通項もあり、川崎ファンだったという堤は「技術もそうですが、練習や試合にどんな気持ちで臨んでいるのか。常に前向きな考え方だし、気持ちが落ちるときにどうやって切り替えているのか聞いてみたい」と目を輝かせた。

 7月にアイドルの木口亜矢と結婚して話題となったが、来季はプロ5年目。契約更改の席では「来年が勝負の年。最後だと思ってやる」と不退転の決意を語った。深い接点がないだけに“仲良しムード”はなく、文字通りムネリン門下生として勉強するつもり。1軍定着へ、必死の弟子入りとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年12月29日のニュース