糸井 故郷で2発!プロ入り通算100本塁打到達

[ 2015年7月30日 19:45 ]

<オ・日>5回、糸井は左越えに通算100号となる3ランを放ちガッツポーズしながら一塁を回る
Photo By スポニチ

パ・リーグ オリックス7―2日本ハム

(7月30日 わかさ)
 オリックスの糸井嘉男外野手(33)が30日、出身地・京都のわかさスタジアム京都で行われた日本ハム戦で通算100本塁打を達成した。

 まず初回、1死一塁で先発の新垣から右翼へ先制の8号2ラン。さらに5回には屋宜から左翼へ9号3ランを放った。

 通算275人目。糸井は投手として2004年に日本ハムに入団し、06年に外野手に転向。プロ1号本塁打は日本ハム時代の2008年6月27日、オリックス戦だった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月30日のニュース