鳴門 4年連続10度目!河野初完封、自責0で聖地へ

[ 2015年7月30日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権徳島大会決勝 鳴門4―0城南

(7月29日 鳴門オロナミンC)
 鳴門が、徳島商(97~00年)以来となる県最長タイ記録の4連覇を果たした。最速140キロ左腕・河野は、城南打線相手に直球、カーブ、スライダー、ツーシームを低めに集めて完封。「とにかく最後まで投げたかった。ゼロに抑えることをいつも目標にしているので、完封できたのもうれしい」。今大会初完封。4試合24イニングを投げ、自責点0で甲子園に乗り込む。

 1年生だった昨夏は初戦となった2回戦で近江(滋賀)と対戦し、4回5失点KO。「昨年の甲子園では自分の調子が悪く、恥をかいた。今年は自信を持って投げられる」。グレードアップした「鳴門の牙」が、借りを返すために聖地へ帰る。

 ▼西武・潮崎2軍監督(86年度卒)出場だけで満足せず、甲子園での戦いに非常に期待しています。優勝も期待しています。

 ◆鳴門(徳島)サッカー部も強豪。OBに西武の潮崎2軍監督ら。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月30日のニュース