若獅子賞は大阪ガス酒居 2勝を挙げ久慈賞とのダブル受賞

[ 2015年7月30日 05:30 ]

第86回都市対抗野球最終日・決勝 大阪ガス3―5日本生命

(7月29日 東京D)
 新人賞にあたる「若獅子賞」には大阪ガスの酒居が選ばれ、スポーツニッポン新聞社・河野俊史社長からトロフィーが贈られた。

 4試合に登板して2勝を挙げ、久慈賞とのダブル受賞となった右腕は「新人でこれだけ使ってもらって、こういう舞台で自分の投球ができたのは良かった」と振り返った。決勝は6回1/3を4安打2失点で降板。「来年は任されたところでゼロに抑えられるようにしたい」と話した。

 ▼王子・近藤均投手(2勝を挙げて小野賞を受賞)マネジャーからの連絡で表彰されると知りました。本当にうれしいです。励みになります。

 ▼日本生命・上西主起(打率・444で首位打者賞) 首位打者は全く頭になかった。声援に後押しされて獲れました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月30日のニュース