上原1回2K無失点も…チームは「目標を失っていてどん底」

[ 2015年7月30日 13:07 ]

ホワイトソックス戦の9回に登板し1回を2安打無失点のレッドソックス・上原

ア・リーグ ホワイトソックス9―2レッドソックス

(7月29日 ボストン)
 レッドソックスの上原は29日(日本時間30日)、ボストンでのホワイトソックス戦で2―9の9回に5番手で登板。2安打を打たれたが、2三振を奪って1回無失点に抑えた。

 レッドソックスは先発ポーセロが序盤の3回途中で10安打を浴びて6点を失う苦しい展開。7、8回にも中継ぎ陣が失点を重ね、上原は7点ビハインドの場面でマウンドに上がった。先頭のサンチェス、1番イートンに中前打を許して1死一、二塁のピンチを招いたが、サラディーノを二飛、カブレラを空振り三振に仕留めて無失点で終えた。

 地区最下位に沈むチームはそのまま2―9で敗れて3連敗となった。

 ▼上原の話 中継ぎがこういう(酷使されている)状況なので、誰かが投げないといけない。気持ちが入りにくい展開だったけど、無失点で良かった。みんなが完全に目標を失っていて(チームは)どん底ですね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月30日のニュース