ソフトB松坂 44日ぶり捕手座らせ49球「準備は順調」

[ 2015年5月13日 05:30 ]

ブルペンで投げ込む松坂

 右肩筋疲労でリハビリ中のソフトバンク・松坂が、福岡市の西戸崎室内練習場ブルペンで細川を相手に49球。

 3月29日以来44日ぶりで故障後初となる捕手を座らせての投球に「(内容は)良かったと思います。とにかく早くゲームで投げたいのでその準備は順調にできていると思います」と好感触を口にした。その後、捕手を立たせて50球。キャッチボールを含めると200球を超える投げ込みに細川は「良くなっているのは確か。あとはどこでエンジンを上げていくか」と実戦復帰が近いことを示唆。早ければ来週中にも実戦復帰し、6月中の1軍復帰を目指すことになりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年5月13日のニュース