オリックス入り表明の小谷野 決め手は森脇監督からの電話

[ 2014年11月27日 05:30 ]

FAでオリックス入りを表明する小谷野

 日本ハムから国内フリーエージェント(FA)を宣言した小谷野栄一内野手(34)が26日、札幌市内の球団事務所で会見。来季からオリックスでプレーすることを表明した。

 三塁でゴールデングラブ賞3度と堅実な守備に、10年には打点王に輝くなど勝負強い打撃にも定評があった。西武も獲得に乗り出していたが「(オリックスの)森脇監督から直接電話を頂いた時の言葉が響いた。この監督と一緒にやりたいと強く思った」と決断の理由を説明。12年間在籍した日本ハムには「本当に感謝している」と話した上で、「サードにはこだわりたい。大谷と対戦?イメージが湧かないですね」と話していた。

 ▼オリックス・森脇監督 (電話で)一緒に勝ちにいこう。待っているよ、と言いました。うちは動きだしたチーム。(小谷野が)勝つために必要なピースだということは言うまでもない。楽しみにしています。

 ▼オリックス・瀬戸山隆三球団本部長 オリックスに入ることを決めていただき、ありがたい。彼が入ることで選手層が厚くなる。チャンスに強い攻撃力に期待している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月27日のニュース