阪神 金子代理人から連絡受けた“開幕は十分間に合う”

[ 2014年11月27日 05:30 ]

MVPを受賞した菅野(左)と金子

 阪神・中村GMは、オリックスから国内FA宣言した金子が右肘の遊離軟骨除去手術を受けることについて「(25日の)納会前に(代理人から右肘の)連絡を受けた。社長と話はしたが、具体的な対応はまだ。術後の経過を見て」と話した。

 一般的に全治3カ月とされるが、代理人サイドは開幕(3月27日)には、十分間に合うという見解で、中村GMは「彼は1回経験しているし、その辺は自信があるんじゃないかな」と問題視はしていない様子だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年11月27日のニュース