西村 2年契約も来季は5000万円減 先発再転向で再出発

[ 2014年11月27日 05:30 ]

5000万円減で更改した西村

 巨人・西村が2年契約を結び、来季の年俸は5000万円減の1億3000万円で更改した。

 今季は守護神として開幕を迎えたが不調で2軍に降格するなど、49試合で4勝4敗、防御率2・98。今季取得した国内FA権は行使せずに残留し、来季は11年以来となる先発に再転向する。12月中旬から米アリゾナ州で自主トレを行い「長いイニングを投げられるように下半身を強化したい。開幕ローテーションを目指してやっていきたい」と気持ちを新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月27日のニュース