プロ注目の近江・植田 完全燃焼 転校で“最初で最後の夏”

[ 2014年8月22日 05:30 ]

第96回全国高校野球選手権3回戦 近江1―2聖光学院

(8月21日 甲子園)
 プロ注目の近江・植田の夏が終わった。6回1死三塁から先制の左犠飛を放ったが、サヨナラ負け。「感謝の気持ちです。近江に来て良かった」と話した。

 一度は日本航空(山梨)に進学したが、諸事情により1年で退学。2年から近江に転入した。高野連の規定で1年間公式戦に出場できなかったが「最初で最後の夏」は完全燃焼した。プロ志望届は出す予定で「(プロは)ずっと目指していた。(将来的に)行きたい気持ちはある」と次のステージを見据えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月22日のニュース