龍谷大平安、春夏連覇ならず…センバツ王者の開幕戦敗退は75年ぶり

[ 2014年8月11日 12:32 ]

第96回全国高校野球選手権大会1回戦 龍谷大平安1―5春日部共栄

(8月11日 甲子園)
 史上8校目の春夏連覇を目指した龍谷大平安(京都)が、開幕戦で春日部共栄(埼玉)に1―5で敗れ、初戦で姿を消した。

 センバツ王者の初戦敗退は86年の池田(徳島)、02年の報徳学園(兵庫)、06年の横浜(神奈川)など過去15校で、龍谷大平安が16校目。

 昨夏の浦和学院(埼玉)に続き2年連続で初戦で涙を飲んだ。また開幕戦での敗退は39年の東邦商(愛知)以来75年ぶりとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月11日のニュース