オリックス バトラーを27日のリーグ戦再開初戦で昇格も

[ 2014年6月21日 07:08 ]

オリックスの新外国人バトラー

 オリックスの新外国人ジョーイ・バトラー外野手(28)が、リーグ戦再開となる27日のロッテ戦(QVC)から1軍昇格するプランが浮上してきた。

 森脇監督は「ボールの見極めができるようになってきたようだ。ポジティブな報告が上がってきている」と説明し、昇格が近づいてきたことを示唆。今後は24~26日のウエスタン阪神戦(鳴尾浜)に出場する予定で、体調が整えば、27日からの1軍初昇格を見据えている。

 今月上旬に支配下選手登録されたバトラーは、2軍戦に7試合出場し、打率・160。疲れもありここまでは低調だが、今季はカージナルス傘下の3Aで打率・360と好調で、瀬戸山球団本部長も「中軸を任せられる力はある」と話していた。チームは5月17日から首位の座を守り続けるが、首位固めのキーマンとして期待できそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月21日のニュース