DeNAの158キロ腕・北方 制球難克服へサイドに転向

[ 2014年6月21日 06:15 ]

DeNAの北方

 DeNAの最速158キロ右腕の3年目・北方がサイドスローに転向した。

 唐津商で甲子園に出場した11年夏に153キロを記録した本格派右腕で、昨オフには中畑監督も守護神候補に指名していたほどの逸材。ただ、投げる腕の位置が定まらず試行錯誤。制球難を克服するため、1週間前にサイドスローへの転向を決意。「今は球速よりも自分のフォームを安定させることが大事。力任せでは抑えられない。変わった姿を見せたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年6月21日のニュース