ロッテ 打撃戦制す 涌井 4月以来の3勝目

[ 2014年6月21日 18:01 ]

<中・ロ>5回3失点のロッテ先発・涌井

交流戦 ロッテ8―5中日

(6月21日 ナゴヤD)
 ロッテが両軍計26安打の打撃戦を制した。

 ロッテは2回、サブローの左越え2点本塁打で先制。4回にはクルーズ、荻野貴の適時打で計3点を入れ、試合の主導権を握った。5回3失点の先発の涌井は4月29日以来の勝ち星で3勝目を挙げた。

 中日は先発の雄太が4回5失点でKOされたのが誤算。4回にエルナンデスの本塁打、藤井の2点三塁打などで3点を入れ、7回にも和田の中前適時打で1点差としたが、8回に2点、9回に1点を奪われ、9回に1点を返したものの及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月21日のニュース