広島9連敗 早くも秋の気配?赤い帽子にトンボが…

[ 2014年6月15日 05:30 ]

<ロ・広>7回裏を投げ終えた広島・今村。帽子の後ろにはトンボの羽が…

交流戦 広島4―8ロッテ

(6月15日 QVCマリン)
 広島の負の連鎖はどこまで続くのか。最後の打者・梵があっさりと見逃しの三振に倒れると、スタンド半分を赤く染めたファンが落胆した。6回に丸の8号3ランで逆転しながらも逆転負け。3年ぶりの9連敗に野村監督は「あそこで勝ちにつながらないのが今のチーム状態なのかな」とうなだれた。

 6回に今村が1点を失い同点とされると、8回から中田を投入した。前日まで防御率0・86の安定感を誇るも、試合前の練習中に打球が左手首と右側頭部を直撃。病院に直行し、医師から登板可能の許可を得ての緊急登板だったが、コースが甘くなり、1死二塁から鈴木の適時三塁打など4失点と崩れた。中田は「コンディションは万全。関係ない」と強調。それでも本来の球威、制球にはほど遠く山内コーチも「影響がないわけがない。ただ、彼以外の選択肢がなかった」と吐露した。一岡、永川勝らが故障などで不在の中、万全でない中田が登板。それが、苦しい台所事情を象徴していた。

 最大12あった貯金は1にまで減り、交流戦は4勝15敗の勝率・211。このままいけば、広島が持つワースト勝率(07年の・217)を更新する可能性も出てきた。7回には、今村の帽子の後ろ部分にトンボが付着。ロッテの攻撃終了までの約6分間、ピクリとも動かず、一緒にベンチまで引き揚げるハプニングが起きた。チームカラーが赤だけにお似合いのコラボだが、一般的にトンボが活躍する季節は9月から11月。季節外れの「秋の気配」とならないことを願うばかりだ。

 《3年ぶり》広島の9連敗は、同じ交流戦の11年5月25日西武戦から6月6日ソフトバンク戦で10連敗して以来3年ぶり。交流戦で9連敗以上は05年日ハ11、06年オリ(9)、07年西武(10)、10年ヤク(9)、11年広島(10)、10年横浜(9)、12年ヤク(10)、14年広島(9)と延べ8球団目。うち2桁連敗は4球団あるが、前記の通り広島も10連敗を記録している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月15日のニュース