×

大引V打&4号「後ろに中田がいるので楽な気持ちで」

[ 2014年6月15日 05:30 ]

<日・ヤ>お立ち台でポーズ取る日本ハム(左から)大引、石川慎

交流戦 日本ハム7―6ヤクルト

(6月14日 札幌D)
 日本ハム主将の大引が勝利に導いた。5月7日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来の3番で起用され、3回無死三塁から勝ち越しの中前打。5回には右翼ポール直撃の4号ソロで追加点を叩き出した。

 「僕が打たなくても後ろ(4番)に中田がいるので楽な気持ちで打席に入れた」。リードオフマンの陽岱鋼(ヨウダイカン)が左膝を負傷して戦列を離れる苦しいチーム状況だが、連敗を2で止めた大引は「勝利に向かって、全員で戦えた」と胸を張った。

 ▼日本ハム・大谷(7回2死一、三塁で代打も右飛)チャンスだったので打ちたかった。(11日の登板でつった、右ふくらはぎは)もう大丈夫です。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年6月15日のニュース