プロ野球の実行委員会 NPB改革、4月に具体案

[ 2014年1月20日 20:25 ]

 プロ野球の実行委員会が20日、東京都内で開かれ、統一球問題で第三者委員会に指摘された日本野球機構(NPB)の構造とガバナンス(統治)の問題を協議する機構改革のための小委員会が経過報告を行い、4月中に臨時オーナー会議を開いて具体案を提出することになった。

 また、野球協約で定められている調査委員会の新委員長に弁護士の大鶴基成氏(58)、新たな委員に公認会計士の加藤善孝氏(54)、前ヤクルトの宮本慎也氏(43)の就任が決まった。

 セ、パ両リーグのアグリーメント(申し合わせ事項)の変更も承認され、使用球の反発係数を統一球の実態に合わせた数値に変更することや、今季から導入する外野フェンス際のプレーへのビデオ判定の適用などを明記した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月20日のニュース