オリ「進撃」の14年 佐藤達「巨人」デホに直球勝負

[ 2014年1月20日 05:30 ]

キャッチフレーズ発表イベントで「進撃」を発表するオリックス・佐藤達(左)と伊藤

 オリックスの今季キャッチフレーズが「進撃 2014 さらに、ひとつになろう」に決まり、発表イベントに参加した佐藤達也投手(27)が“巨人狩り”を宣言した。

 「進撃」と言えば、人気漫画「進撃の巨人」をイメージしやすく、佐藤達はチームに立ちはだかる“巨人”としてソフトバンクに移籍した李大浩(イ・デホ)狩りを宣言。「味方で見ていて、凄い打者だと思った。個人的にはストレート勝負がしたい」と予告した。

 「進撃のオリックス」には、昨季最優秀中継ぎ投手の佐藤達の進撃が必要不可欠で、巨人狩りは絶対条件だ。対李大浩に「緊迫した場面になるだろうけど、より燃える」と意欲十分。さらに今季目標に「70試合登板」を掲げ、平野佳が持つ球団記録の72試合(11年)が話題に挙がると「日本シリーズまで入れて75試合登板」と言い切った。

 ともに参加した伊藤は「キャッチフレーズは分かりやすく、いい言葉だと思う。うちは壁をぶち破らないといけない」と、捕手として佐藤達とともにチャレンジ精神全開。山崎勝との正捕手争いに勝つことも誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月20日のニュース