球児 右肘の回復順調「2月末くらいに」ブルペン投球

[ 2014年1月20日 05:30 ]

ファンイベントで子供にサインするカブス・藤川球児

 昨年6月に右肘の腱移植手術を受けたカブスの藤川球児が順調な回復ぶりを明かした。

 現在は30メートル程度のキャッチボールを行っており、術後初のブルペン投球を「2月末くらいです」と説明。4月にマイナーで実戦復帰する予定が組まれているが「ドクターが完治したと認めてくれるまで、じっくりやる」と焦りはない。

 この日はファンイベントのサイン会に出席し、ファンから激励の言葉を掛けられていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月20日のニュース