“ソフトB鶴岡”一気に誕生も 19日初交渉「ベストな選択を」

[ 2013年11月17日 05:30 ]

 日本ハムからFA宣言した鶴岡が19日に札幌市内でソフトバンクと初のFA交渉に臨む。

 「まずは話を聞いて、どう思ってくれているのかを聞きたい」。交渉内容に注目が集まる一方で鹿児島出身の鶴岡にとって地元球団のソフトバンクは愛着もある。周囲には好印象を漏らしていることもあって一気に「ソフトバンク鶴岡」が誕生する可能性が高い。この日は今季まで正捕手を争ってきた大野とともに札幌市内の室内練習場で自主トレ。「最後に決めるのは自分。ベストな選択をしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月17日のニュース