沖縄尚学 9回爆発5点!未勝利対決制した

[ 2013年11月17日 05:30 ]

<沖縄尚学・関東第一>9回1死三塁、沖縄尚学・西平の中犠飛で生還する三走・久保

第44回明治神宮野球大会高校の部1回戦 沖縄尚学8―3関東第一

(11月16日 神宮)
 沖縄尚学が2年連続2度目の出場で待望の初勝利を挙げた。

 試合を決めたのは、1年生の与那覇だ。3―3の9回1死二塁から左越えへ決勝の適時二塁打。この一打が起爆剤になり、一挙5点を奪った。打撃不振だった九州大会は、決勝・美里工戦で1打席立っただけ。この日は7回から守備固めで右翼に入り、9回の初打席で結果を出した。背番号9は「無我夢中で振りました。気持ちいいです」と大きな目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月17日のニュース