中田賢 阪神と初交渉 背番号18用意 ヤクルトからもラブコール

[ 2013年11月17日 16:59 ]

中田賢(右)と話し合う阪神・中村GM

 中日からFA宣言した中田賢一投手(31)が17日、名古屋市内のホテルで阪神と初交渉の席に着いた。

 阪神側はソフトバンク同じ条件の4年最大10億円の提示をされたとみられ、加えて背番号「18」を用意し、先発での起用方針を明言。交渉に当たった中村GMは「日本一になりたい思いで、あなたの力を貸してくださいと伝えた。絶対来てほしい」と話した。

 ソフトバンクに続き2球団目の交渉となった中田賢は「来てほしいとずっと伝えられて、その強い気持ちを感じた」と笑顔。ヤクルトからもラブコールを受けている大モテの右腕は「いろいろなことが頭の中を往復している。悩むと思う」と嬉しい悲鳴を上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月17日のニュース