中部学院大 タイブレーク制した 上西が読み通り弾

[ 2013年11月17日 05:30 ]

<関西学院大・中部学院大>4安打完封の中部学院大・東谷は笑顔でガッツポーズ

第44回明治神宮野球大会大学の部1回戦 中部学院大5―0関西学院大

(11月16日 神宮)
 中部学院大が0―0のまま延長10回に入り、1死満塁からのタイブレークを制した。

 連続適時打で2点を挙げた直後に、5番・上西が左越え3ラン。チェンジアップを捉え「追い込まれていたので(チェンジアップは)頭にあった。感触は良かった。リーグ戦で打つのとは全然違う」と喜んだ。投げては4年生右腕の東谷が4安打完封。初出場対決を制し「投げ切れたのが良かった。野手に助けられた」と感謝していた。

 ▼関西学院大・宇都宮(9回まで歴代3位タイの16奪三振も10回に5失点)チェンジアップが効いていた。(16三振は)一つ一つアウトを取っていこうと思って投げた結果。まだまだ甘いので練習しないといけない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月17日のニュース