PR:

オリックス 新人にやられた 森脇監督「大谷よりキャリアがあるのだから…」

<日・オ>2回、伊藤(右)からボールを受け取る西

パ・リーグ オリックス1-6日本ハム

(7月7日 札幌D)
 オリックスはカード3連勝を狙ったが、相手ルーキーにしてやられた。3回、先発の西が2死から満塁のピンチを招いて迎えた大谷に初球の真ん中低め直球を左中間に持っていかれた。走者一掃のタイムリー二塁打で試合の流れを一気に手放した。

 「あそこで打てる大谷は素晴らしい。少なくともうちのバッテリーは大谷よりキャリアがあるのだから…」

 森脇監督が眉間にしわを寄せた。6回にはT―岡田の右前打で三塁を狙った一塁走者・バルディリスが大谷のレーザービームで刺される場面もあった。内容よりも「勝利という結果だけが欲しかったゲーム」にもかかわらず、点差を見れば完敗。ヒット数は8本ずつだっただけに「(点差がついたのには)原因がある」と明暗を分けた、1球への執着心の薄さを指摘した。

 「先制を許してしまった後を踏ん張っていかなければいけませんでした」。3敗目を喫した西は球団広報を通じてコメントを残したが、試合後は口を閉ざしたままだった。

[ 2013年7月8日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月18日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム