青木の打球で相手避難 コリンズ監督に「お辞儀しておきました」

[ 2013年7月8日 09:39 ]

メッツ戦の8回、二塁内野安打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ―メッツ

(7月7日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木の打席で球場が笑いに包まれた。

 初回、三塁側のメッツベンチ方向に2球続けて鋭いファウルを打つと、選手らがベンチ裏に避難。青木は苦笑いを浮かべ、プロ野球オリックスで指揮を執った経験があるコリンズ監督に対して「お辞儀しておきました」。その雰囲気を楽しみ、「戦っている中でも面白さを感じた」と話した。

 打撃では八回の内野安打で7試合連続安打とし、直後に今季10個目の盗塁。チームは敗れたが「チャンスはつくれた」と振り返った。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年7月8日のニュース