西武 岸 ロッテキラー健在4勝目 10年から7連勝

[ 2013年7月8日 06:00 ]

<西・ロ>ライバルシリーズに3連勝し、Saitamaユニホームをアピールする浅村(左)と岸

パ・リーグ 西武11-2ロッテ

(7月7日 西武D)
 西武の岸が8回2失点で4勝目。10年からロッテ戦7連勝とキラーぶりを発揮した。

 気温33度の中、大量の汗をかきながら6回まで1安打に抑える快投。「凄く暑かった。8回は倒れそうだった」と試合後は息も絶え絶えだ。菊池や十亀ら若手がけん引する先発ローテーションだが「負けていられない。2人を頼もしいとは思わないようにしている」と開幕投手のプライドをのぞかせた。

 ▼西武・松下(11年4月の右肩手術を乗り越え9回にプロ初登板。3人で抑え)緊張して、足が震えた。(大松から)三振を取った球はシンカー。やっとこの場で投げられたと思った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年7月8日のニュース