関谷 初回3者三振で流れ乗った、チェンジアップで米打線斬り

[ 2013年7月8日 22:23 ]

第3戦に先発した関谷

日米大学野球第3戦 日本5―2米国

(7月8日 マツダ)
 日本の先発関谷は「ゲームにいい状態で入れた」と1回の3者三振で流れに乗った。ストライクゾーンからボールになるチェンジアップに米国のバットは空を切り続け、降板した7回まで毎回三振を奪った。

 東京六大学リーグや全日本大学選手権でも、この決め球で三振を量産した。「思うような球が投げられた」と好投に自信を深めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年7月8日のニュース