東浜 プロ初先発で満弾洗礼も強運黒星消えた

[ 2013年4月12日 06:00 ]

<ソ・オ>初回2死満塁バルディリスに、左越え満塁本塁打を打たれガックリの東浜

パ・リーグ ソフトバンク7-6オリックス

(4月11日 ヤフオクD)
 ソフトバンクの東浜のプロ初先発は106球を投げ、3回1/3を7安打5四死球で6失点KO。だが、打線の猛攻で黒星が消え、「野手のみなさんに感謝です」と頭を下げた。

 初回、先頭・坂口を遊ゴロに仕留めたが、明石が一塁悪送球。1点を先制され、なおも2死満塁でバルディリスに左翼席へ運ばれた。4回に李大浩(イデホ)に左越え適時二塁打を打たれて降板。「自分の間合いで投げられなかった」。東都歴代4位タイの通算35勝を挙げた右腕は課題を残した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月12日のニュース