楽天 夏季用ユニホーム発表 東北がテーマの「常盤色」

[ 2013年4月12日 15:47 ]

東北全6県で主催する1、2軍の計29試合で着用する夏季用ユニホームを着用する楽天・銀次(左)と田中

 楽天は12日、東北全6県で主催する1、2軍の計29試合で着用する夏季用ユニホーム「TOHOKU GREEN」を発表した。東北の自然保全をテーマに常盤色という緑色を使い、常に変わらないという意味の「常盤」に、楽天が常勝チームになることなどの願いを込めた。左袖には東北6県を六つの葉で表現したワッペンを付ける。

 着用した岩手県普代村出身の銀次は「自分の村も緑が多く、緑は心が和む。これを着て平常心でプレーできれば」と話し、田中は「夏場の大事な時期に着るので一つでも白星を積み重ねていけるように頑張っていきたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月12日のニュース