藤浪 ノースロー調整 10日に捕手を座らせ投球

[ 2013年2月9日 18:50 ]

投内連係で二塁に送球する阪神・藤浪

 阪神ドラフト1位新人の藤浪(大阪桐蔭)は初めて捕手を座らせる10日の投球練習を前に、投内連係などでノースロー調整だった。

 10日のブルペンではこれも初となる変化球を交え、50~60球の予定。「(捕手を座らせると)体の使い方や角度が違うので確認したい。現時点で自分の一番の投球をしたい」と本格投球の解禁に意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース