西岡「虎初安打」納得の初シート打撃「タイミング取れた」

[ 2013年2月9日 06:00 ]

シート打撃で西岡は左前に“トラ初安打”

 阪神の西岡が「虎初安打」を放った。初のシート打撃の3打席目。カウント1ボール2ストライクから、左腕・小嶋のチェンジアップを左前に運んだ。「この時期に結果は必要ないと思う。ただ、直球を待っていて変化球が来た。体勢を崩された中でヒットコースに飛んだということはタイミングが取れている証拠」と振り返った。

 シート打撃後には今キャンプ初の居残り特打も敢行し、左右の打席で合計90スイング。柵越えこそ5本ながら、持ち味のライナー性の打球を連発した。「あとはタイミングの問題。実戦に慣れていきたい。徐々にやっていく」と表情を引き締めた。福留には本人に調整を任せる一方、西岡は全体練習に組み込んでいる和田監督は「福留とは違う。これから、まだまだうまくなる年齢。2年間のアカみたいな物を、しっかり振り落としてほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月9日のニュース